すげぇ変な一年、2020年

コロナウイルスの影響で、はじめはわたしの神経質さとか、心配性やなんかが悪く出て、勝手にけっこうツラい感じで過ごしていたけど、後半は引きこもりの特性が活かせる雰囲気だった。

何をどう考えればいいのか、どう思えばいいのかわからない。

いぬやまを失うという、いちばんおそれていたことも現実になって、ポカンとさみしくなってどうしようもないような気持ちになることが増えた。これはいぬやまがくれたものをおもえば、当然で、仕方のないことなので、乗り越えるしかない。

不安定な状況の中でも、お仕事をいただけていたことには本当に感謝してもしきれないなぁ。

わたわたして、順応もできず、うまく整理もつかないまま、年を越すよ。いつもありがとう。